HOME » 現金化のメリット・デメリット » 現金化に審査はある?

現金化に審査はある?

クレジットカードのショッピング枠を用いた現金化をするときに必ずあがるのが「手続きをするときに審査はあるのか?」という疑問です。
特に初めての人にとってクレジットカードの現金化は消費者金融を利用するのと同じように感じている人も多いのでそう思うのも無理はありませんが、そもそもクレジットカードの現金化は消費者金融とは目的が異なりますので、審査はありません。

まず現金を得るという目的はクレジットカードの現金化も消費者金融も共通していますが、消費者金融の場合ゼロから借金の申し込みをしなければなりませんので審査をする必要があります。
そうでなければどこの誰にお金を貸しているのかわかりませんし、審査した結果融資するのは危険なケースもあるからです。
現在貸金業には総量規制という法律が定められており、年収の3分の1を超える融資をしてはいけない決まりがあります。
もしこの決まりを破って融資してしまうとお金を融資した貸金業者が営業停止処分になってしまいますので、信用情報機関からの情報を頼りにしっかりと審査しなければならないのです。

一方クレジットカードの現金化は現金を得るという目的は共通していても直接的に融資してもらうわけではなく、ショッピング枠を利用した恩恵に現金を得られるシステムになっています。
たとえば専門の業者を利用して現金化する場合、指定された商品を購入し、そこに付加的についてきたキャッシュバックを得るという形で現金を手にするので目的自体は買い物になるのです。
こうしておけばショッピング枠が現金化するのを禁止していても名目上は買い物をしていることになるのでカード会社にばれませんし、何度でも利用できるのです。

したがって現金化に使うクレジットカードはあくまでも買い物を目的に使いますから審査する必要がありませんし、そのクレジットカードも作成時には審査を通過しているものなので手続きも簡単に済ませることができるのです。