現金化にはショッピング枠が必要

HOME » 現金化のメリット・デメリット » 現金化にはショッピング枠が必要

現金化にはショッピング枠が必要

クレジットカードを現金化するためにはショッピング枠が必要になりますが、これはどのように活用して現金に変えるのでしょうか?
現在クレジットカードを所有している人はおそらく申し込み時にいろいろな希望を出して、審査をしてから契約したと思いますが、そのときに必ず出てくるのが「ショッピング枠」と「キャッシング枠」という2つのワードです。

クレジットカードには買い物をするときに使えるショッピング枠と現金を得るためのキャッシング枠がついていることが多く、どちらも自分の希望を申し込み時に申告することができます。
その申告した限度額に問題がなければそのままその金額が限度額になりますし、少し難しいとなれば希望より下がります。
いずれにしてもクレジットカードを使うときにはショッピング枠とキャッシング枠それぞれの限度額を超えた利用はできませんので注意しなければなりません。

ただショッピング枠とキャッシング枠は同じ意味合いを持つものではなく、キャッシング枠を利用する場合は文字通り借金になりますのでそのまま現金を得られますが、ショッピング枠は買い物をすることが目的なのでそれを使った現金化は原則としてカード会社が禁じています。
したがってもしショッピング枠を使った現金化がばれてしまうとカードを利用停止にされてしまう可能性がありますし、その後使えなくなることも考えられます。
特に個人で現金化するとそういったリスクは大きくなりますので、安全性を考慮してショッピング枠を現金化するときには信頼できる専門の業者に依頼するのは一番でしょう。

ショッピング枠の現金化は審査も特に必要ありませんので手続きはスムーズですし、返済も買い物をしたときと同じように返済していけばいいのでそれほど難しくありません。
ただし毎月の返済ができないくらい現金化してしまうと当然カードの利用は制限されてしまいますから注意が必要ですし、計画的に利用することを忘れないでください。