HOME » 現金化のメリット・デメリット » 現金化にかかる手数料

現金化にかかる手数料

クレジットカードの現金化はショッピング枠を利用して行いますが、個人でやるにしても専門の業者を利用するにしても必ず還元率に注目が集まります。
還元率とはいわゆるもらえる現金の割合で、これが大きければ大きいほど現金を多く手に入れられますからできるだけ還元率の高い方法でやろうとするでしょう。
しかし現在クレジットカードのショッピング枠はカード会社が現金化を禁止しているため、もしばれてしまうと利用停止になるリスクがあります。
したがってこれから現金化を考えている人にはただ高い還元率の方法を選択するのではなく手数料を支払ってでも安全な方法を選択することをおすすめします。

これは専門の業者を利用するほうがいいという意味ですが、専門の業者を利用する場合個人で現金化するよりもかなり還元率は下がってしまいます。
個人でやる場合は自分ですべてやれるので高いと95パーセントから98パーセントの還元率も夢ではありませんが、専門の業者を利用するならだいたい80パーセント前後が相場になっています。

したがってたとえば還元率80パーセントの業者を利用する場合、20万円のショッピング枠を現金化するなら4万円の手数料を支払わなければなりませんから手にする現金は16万円になります。
これを高いと思うかどうかは本人次第ですが、専門の業者はノウハウを知っており、決済代行業者を介して買い物してその景品的な意味合いでキャッシュバックを受けるというシステムになっていますからばれる心配はありません。

一度利用停止になってしまうと再開するまでに時間がかかりますし、最悪の場合使えなくなってしまう可能性もあります。
そうするとその情報が信用情報機関に記録されてしまい、ブラックリスト入りをして今後クレジットカードの作成はもちろん消費者金融の利用や自動車ローン、住宅ローンに影響が出ることも考えられます。
このように未来のことを考えるとやはり専門の業者を利用して現金化するのがもっとも安全なのです。