クレジットカード現金化は危険?

HOME » 現金化のメリット・デメリット » クレジットカード現金化は危険?

クレジットカード現金化は危険?

クレジットカード現金化は危険だというニュースをよく目にしますが、これは正しくもあり間違いでもあると言えるでしょう。
どういうことかと言うとやり方をまちがえてしまえば危険になりますし、正しいやり方で行えば特に問題はないので要はやり方をきちんと把握してからやるべきだということです。

クレジットカード現金化の仕組みは個人でやる場合も専門の業者を利用する場合もショッピング枠を利用しますが、個人でやる場合は高い還元率の商品を購入してそれを転売するのが一般的で、専門の業者は指定された商品を購入してそのキャッシュバックを受ける方法がよく知られています。
物を買って現金化するという点は共通しているため、一見どちらも似たようなものでは?と感じるかもしれませんが、実は前者の個人でやる方法のほうが危険が多いです。

なぜなら個人でやる方法ははじめから現金化・転売目的が明白であり、何の対策もしていないためカード会社にマークされてしまえば高い確率で利用停止になるでしょう。
利用停止になってしまえばその情報が信用情報機関に記載されますので、その後新たなクレジットカード契約もできなくなりますし消費者金融や自動車ローン住宅ローンの契約にも影響が出るかもしれません。

一方専門の業者を利用する場合、買い物をする点は共通していますがそれを売っているわけではなくその商品についているキャッシュバックによって現金を得ているので直接的な現金化にはならないのです。
決済にも当然代行業者を使っているので安全性は高く、何度も利用できるメリットもあります。

ただし専門の業者ならどこでも安心というわけではなく、中には悪質な業者も存在しますのでその点は注意しなければなりません。
悪質な業者はだいたい高い還元率をエサにお金をだまし取ろうとしてきますし、掲示板サイトや口コミサイトでも話題になっているはずなので、そういったところから情報収集するといいでしょう。