クレジットカード現金化のデメリット

HOME » 現金化のメリット・デメリット » クレジットカード現金化のデメリット

クレジットカード現金化のデメリット

クレジットカード現金化は消費者金融のように審査もありませんし、ショッピング枠が残っていれば誰でもすぐに現金化できるため話題を呼んでいますが、メリットがある反面デメリットもあることを頭に入れておく必要があります。
まずクレジットカード現金化のもっとも大きなデメリットはカードの利用ができなくなるリスクがある点で、これはもともとクレジットカードが現金化や転売目的での利用を禁止しているからです。

したがって個人でやる場合は専門の業者のようにノウハウを知っているわけではありませんし、堂々と転売行為を行っていることになるので繰り返しやっているとだんだんばれるリスクは高くなるでしょう。
と言うのもカード会社側もどんな商品が現金化されやすいのかをマークしていますので、数度程度ではばれなくても利用が目立つようになってくれば調べられる可能性もあるからです。

こういったリスクを回避するためにはやはり個人でやるのではなく専門の業者を利用したほうがいいですし、専門の業者を利用する場合は転売ではなくキャッシュバックを受けるやり方なので、名目上転売ではなくショッピングになりますから何度も利用できます。
還元率はおよそ80パーセント前後と個人でやるより低くなってしまいますが、利用停止になるリスクを考えるとこちらのほうが得策と言えるでしょう。

ただ専門の業者を利用するときでも注意しなければならない点はあって、それは悪質な業者を利用しないことです。
よく消費者金融関連のニュースを見るとヤミ金が話題になりますが、この手の業者はクレジットカード現金化の専門業者にも存在します。
高い還元率を売りにお金を騙し取ったりすることがありますから、このような業者を利用しないためにも安全な業者を見つけるようにしてください。
クレジットカード現金化の専門サイトやランキング形式で業者を紹介しているサイトを見ると信頼できるところが分かりますので参考にするといいでしょう。